みなさんこんにちは。ライターの白金狐子(しろがねきつねこ)です。

今回私は、2022年10月4日に就航したばかりの新船「フェリーろっこう」に乗って、宮崎県へ行ってきました!

神戸港⇔宮崎港間の往復(船中泊)を含めた、4日間の旅。

ピッカピカの豪華なフェリーにも注目ですが、宮崎県観光やグルメも満喫できる内容で、とっても楽しめちゃいました!

ということで、この記事では
〇宮崎観光のアクセス方法として大注目の「フェリーろっこう」
〇宮崎観光でとくにグッときたスポット&グルメ・お土産

について、紹介していきます!

*今回の旅は、メディア向けのツアーに参加したものです

「フェリーろっこう」って、どんな船?

神戸港と宮崎港を結ぶ「フェリーろっこう」は、宮崎カーフェリーが運航する2隻目の船で、2022年10月4日に就航したばかり

1隻目は同型の「フェリーたかちほ」で、4月15日に就航しました。この航路の新船導入は、なんと25年ぶりとのこと!

運航DATA

航路  :神戸港 → 宮崎港
時間  :19時10分発 → 翌8時40分着 (日曜のみ18時00分発 → 翌8時40分着)
所要時間:約13時間30分

2023年2月までならお得!?運賃について

運賃は、利用する客室のランクによって分かれています。

未就学のお子さまは、大人1名につき1名まで、大人と添寝で無料で乗ることができます。大人1名につき幼児2名連れの場合は、小人1名分の運賃が必要になるのでご注意を!

2022年10~12月 フェリーろっこう運賃
(基本運賃+燃料調整金)
プレミアム 大人 30,440円
小人 15,220円
ファースト
[withペット室利用料]
大人 24,940円
小人 12,470円
[+9,900円]
シングル 大人 20,540円
小人 10,270円
ドミトリー 大人 17,240円
小人   8,620円
ツーリスト 大人 13,940円
小人   6,970円

 ちょっとお高いな…と思った方、なんと今なら割引価格でお得に乗船できちゃいます。2022年10月11日~2022年12月20日に乗船する分の予約については、全国旅行支援40%の割引が受けられますよ~。

さらに全国旅行支援の直後、2022年12月21日~2023年2月28日までの乗船分には、3割引きキャンペーンというものが利用可能!

値段を見てあきらめようと思ったならもったいない!今この時期の予約がおすすめです!

豪華!優雅!マジか!?「フェリーろっこう」で出発!

高級ホテルのような船内にうっとり

出航時刻の約1時間前から乗船できます。最初にお出迎えしてくれるのが、このエスカレーター。壁には“神戸タータン”があしらわれています。

ちなみに、船の全長や定員などは「フェリーたかちほ」と同じですが、細かい内装は違うのです。それぞれ神戸らしさ・宮崎らしさを基調にしているんですって。

エスカレーターを上がると3階に到着。踊り場的なスペースは、神楽などのイベントができるラウンジ・イベントステージ。明るい吹き抜けになっていて、開放感も抜群です。

ペットと一緒に泊まれるお部屋も!

客室は、高級感のあるゆったりとしたお部屋から、バリアフリータイプ、シングル、大部屋などさまざま。

ペットと一緒に泊まれるお部屋もあるんです! また、カラフルでポップなペットルームもあります。

そうこうしているうちに出航時刻。デッキへ出てみましょう。こんな素敵な景色を見られるのは、ナイトクルーズならではですねぇ。ちょっとおセンチな気分に浸りつつ……さよなら神戸~!

充実のショップ・レストラン・大浴場

インフォメーション・ショップには、神戸と宮崎にちなんだものがズラリ。名産品、焼酎、乗船記念品に、お酒のおつまみなどを販売しています。

また、アメニティ乾電池もありまして、至れり尽くせりでした。

船って、「あれ買うの忘れた!」と思っても、一旦乗ってしまうと買いに走れませんから(当たり前!)。

レストランでは、朝・夕バイキング形式(ドリンクバー付き)のお食事を提供しています。

和洋中そろって、お値段は大人1,600円小人(4才〜小学生まで)900円

朝食バイキングは600円です。カレーがおいしかった~!

ちなみに船内には、カップ麺やジュースなどを購入できる自販機に、無料の緑茶サーバーまで設置しているので、小腹がすいても大丈夫。

展望サロンで船外の風景を楽しみながらのブレイクタイム。はたまた、パブリックスペースでのんびりと。私は船内散策をしつつ、ほぼ全フロアを満喫しました(笑)。

外の景色が楽しめる展望大浴場で、手足を伸ばしてのんびりと……。

24時間利用可能なシャワールームもありますよ。

ではでは、私が実際に過ごした「シングルルーム」を紹介しましょう。

基本構成は、ベッドと机&椅子というシンプルなお部屋。その中に、液晶テレビ・鏡・携帯電話専用の電源・電気スタンド・ハンガー・ゴミ箱があって、足元にはキャリーケースを収納できるスペース付き。

この他、地味に嬉しかったのがドリンクホルダーと、超嬉しかったのがアメニティセットでした。思い出になるし、かわいいし♡

*アメニティはインフォメーション・ショップで購入することもできます

青島市・日南市・宮崎市を観光!

南国感あふれるトロピカルな「青島神社」

予定通り約13時間半の船の旅が終わり、寝て起きたらハロー! 宮崎。まず向かったのは、縁結びのご利益で有名な青島神社です。

古くは島全体が霊域とされており、江戸の頃まで一般の入島は許されなかったのだとか。

神社にヤシの木があってびっくり! 正確には、ヤシ科のビロウ樹という木だそうで、青島神社の御神木。

亜熱帯性植物が生い茂る境内を通り抜けるなど、明るく朗らかな神様のパワーを感じました。

御朱印帳も青島神社ならではですね。

4月末に新設されたオーシャンビューのカフェ

ランチは、青島神社の参道手前にある広大な敷地、AOSHIMA BEACH VILLAGE内の「LDK」さんへ。

前面に海が開けている絶好のロケーションなので、自然光で映え写真が撮れますよ^^


▲青島レモネード 700円・バナナマフィン 350円/日向夏ジュース 600円・ピスタチオ・マフィン 350円


▲LDKオリジナルバーガー 1300円、アサヒ・スーパードライ 700円

モアイに会える「サンメッセ日南」

こちらのモアイ像は、イースター島の長老会から世界で唯一許可を得た完全復刻版とのこと。7体のモアイ像それぞれにご利益があって、触ることで願いが叶うといわれています。

手前から仕事運・健康運・恋愛運・地球の平和(夢が叶う)・結婚運・金運・学力アップ運――ってことで、とりあえず全部触っておきました(笑)。

園内はラウンドカーの貸し出しが行われているほど広大で、頑張って上までのぼってみると、なんと水平線まで見えるじゃないですか!

モアイ以外にも、謎のカラフルな7体の人物像、昆虫展、ハイジの気分になれそうなブランコなどがあるので、ファミリーやデートに最適ではないでしょうか。

断崖の洞窟の中に鎮座する霊地「鵜戸神宮」

鵜戸神宮(うどじんぐう)は、日向灘に面した景勝地にあります。楼門を抜けて進んでくと、本殿への長い石段が。

そして右手方向からは、激しい波しぶきが奇岩にザバーーン!バッシャーン!と打ちつけています。

へっぴり腰で石段を下りていくと、いや~、ビックリ! ご本殿は洞窟の中にあるのですね!

鵜戸神宮名物「運玉投げ」にチャレンジしてみました。願いを込めながら、亀石と呼ばれる岩の枡形(注連縄で囲まれている)に運玉を投げ、入れば願いが叶うというもの。

男性は左手女性は右手で投げると決まっていて、利き手が左のワタクシは半ばやけっぱちで投げたのですが――5つ中、1つが見事に入ったではありませんか。

すごくないですか!? こりゃあ絶対いいことありますね☆

宮崎県は人口あたりのスナック店舗数が日本一!

ところでみなさん、宮崎県は人口あたりのスナック店舗数が日本一って、ご存知でしたか?

たくさんあるのはいいけれど、じゃあ、どのお店に行けばいいのだろうかと、私のような初心者オブ宮崎は悩むじゃないですか。

そんなとき、心強い味方になってくれるのが「スナック入り口」です。

宮崎随一の繁華街「ニシタチ」にあり、訪れた人に合わせておすすめのスナックを紹介してくれるお店。同店自体がスナックなのですが、ガラス張りで中の様子がうかがえるから、とても入りやすいのです。

まずはこちらで地元のお酒を堪能しつつ、2軒目、3軒目の相談をするのもよきかと。

高千穂町で緑に癒され鉄道にはしゃぐ…!

マイナスイオン溢れる絶景!「高千穂峡」

2日目は、「天孫降臨神話」の舞台となった県北部のまち、高千穂町へ。まず訪れたのは高千穂峡です。

悠久の自然が生んだ造形美。宮崎、いや九州随一の絶景スポットではないでしょうか。

ハイライトは、展望台から見る真名井の滝。緑が生い茂る渓谷、エメラルドグリーンの水面、落差約17メートルの真名井の滝……それらが相まって、神々しささえ感じる美しさなのです。

マイナスイオンを浴びて心身共にデトックスしたら、お次は鉄道に乗りますよ~!

イルミネーションと絶景の30分!「あまてらす鉄道」

あまてらす鉄道は、高千穂駅から、日本一の高さ(105m)を誇る高千穂鉄橋までの往復5.1km、約30分の経路です。

と言っても、普通の電車ではありません。廃線となった高千穂鉄道の施設を利用した、人気のアトラクションなのです。

グランドスーパーカートという独自の車両2両編成で、屋根のない30人乗り。途中の2つあるトンネル内では、天井にイルミネーションの鮮やかな光が輝きます

これが美しい上に、とっても楽しいこと! 乗客たちは「わ~!」っと歓声をあげ、自然と拍手をしていましたYO! 大人も子供も、大興奮間違いなしですね。

さらに鉄橋の上で止まった際は、運転士さんがシャボン玉を飛ばしてくれるサービスまであるんです。

絶景はもちろんのこと、各サービスに手作り感があって、なんだかとっても癒されました。ここは個人的に、次回の宮崎観光でもマスト・スポットに決定です。

あまてらす鉄道 料金

高校生以上 1,500円
小・中学生 900円
未就学児  500円

地鶏にカレー、宮崎名物のお土産いろいろ

楽しかった旅も、あっという間に終盤へ……。ということで、高千穂町~宮崎港へ向かう途中のPAで、お土産を物色!

訪れたのは、東九州自動車動の川南PAに隣接する「かわみなみPLATZ」です。宮崎県児湯郡川南町の地場産品を中心に、宮崎県内のお土産品がたくさん揃っていましたよ。

とくに人気なのが、生クリームたっぷりの「生メロンパン」、宮崎名物「鶏の炭火焼」とのこと。しかし私は、「蛙亭」のイワクラさんがYouTubeで絶賛していた高菜漬けを買って帰りました(笑)。

帰路へ…19:10 宮崎港➡神戸港

宮崎県に別れを告げ、神戸を目指して「フェリーたかちほ」へ。

この日は波が高く30分遅れで到着しましたが、至れり尽くせりの船内なので問題ナシ。ちょっと酔ってしまったのですが、酔い止めに助けてもらいました。

さて、実はワタクシ、船中泊も宮崎県へ降りたつのも初めてで、どうなることやら? ドキドキだったのですが……

 

「い・や・さ・れ・た。癒された~~!!!」 わて、宮崎で癒されました…!!!

 

一時でも、デジタルまみれの環境から離れられて、とっても良かったなぁと思います。

大自然が生み出す絶景に心を奪われ、運気UPを願ったパワースポットでは、デトックス効果までありましたよぅ~。

みなさまもぜひ! フェリーで行く宮崎観光、おすすめです!

白金狐子

  • お問い合わせ
  • 記事修正リクエスト

    「記載内容が間違っている」「行ってみたが閉店していた」など間違いを見つけたら、『記事修正報告フォーム』よりご連絡ください。