大阪からどこか近場で旅行に行きたいな~という方、三重県南伊勢町がおすすめですよ!

大阪から車で約3時間という距離感で、絶景とグルメが満喫できちゃう素敵なスポット!!

しかも、豪華な海の幸が堪能できる食事つきで宿泊10,000円(税別)のハイコスパ、更に商品券までついてくる「おいないさキャンペーン」が期間限定で開催中!


海に山にと自然豊かな町ならではの絶景や体験コース、もちろんグルメも盛りだくさん!

旅行大好きライターの陽月よつかが「おいないさキャンペーン」を体験してきました♪

  • pagead2
  • osakalucci_PC_目次下
  • 三重県南伊勢町の「おいないさキャンペーン」とは?


    出典:伊勢志摩観光ナビ

    「おいないさ」は伊勢弁で「いらっしゃい」という意味。

    「おいないさキャンペーン」を利用すると、伊勢エビ一尾、または貝が満喫できる夕食、朝食、宿泊まで全部込みで料金がなんと10,000円(税別)

    しかも、地域で使える1,000円分の商品券がついているので、実質9,000円!思わず二度見してしまうお値段ですよね♪贅沢な海の幸が格安で味わえるなんて幸せ♡

    しかも、南伊勢町はグルメや自然だけではないんです!ここならではの体験コースがたくさんあり、かなり遊べるパッケージとなっています!

    ※おいないさキャンペーン秋/冬の開催期間は2020年10月1日~2021年2月28日

    まさに風光明媚!きれいな景色が満喫できる!


    南伊勢町は、海あり山あり。美しい自然の景観を楽しめる町です。大阪ではなかなかお目にかかれない景色が満喫できますよ♪

    この絶景を楽しむのには、海辺の高台に建つ展望台からがおすすめです!

    まぐろや鯛の当たる展望台スタンプラリーも開催(開催期間:2020101日~2021131日)されていますよ!

    おすすめの展望台をいくつか紹介します!

    町で一番高い展望台「南海展望公園」


    「南海展望公園」は、町に7つある展望台の中でも最も高い場所。海抜150mの位置にありますよ。

    ご覧ください、一面の水平線!

    この景色を、ほぼ360度のパノラマで見渡すことができるのです。


    説明ボードを見ながら景色を確認。

    南伊勢町に面する海は、リアス式海岸の入り組んだ地形。複雑な景観が美しく、見応えがあります。

    デートで行きたい展望台「見江島展望台(ハートの入り江)」


    デートで来るなら「見江島展望台」がおすすめ。

    こちらは、2015年に恋人の聖地に認定された「ハートの入り江」を望むことのできる展望台です。

    広場にはハートと鐘のモニュメントも♡


    こちらが「ハートの入り江」(かさらぎ池)。

    上から見るとハートの形に見えることから、「想いが届くハートの入り江」と呼ばれています。ロマンティック!

    展望台下には「誓いの愛鍵」をかけられるスポットも。デートではぜひ鍵を用意して訪れてみてくださいね。

    映画『青夏 きみに恋した30日』のロケ地「たちばな展望台」


    「見江島展望台(ハートの入り江)」とぜひ一緒に周りたいのが、隣にある「たちばな展望台」

    実は南伊勢町は、2018年公開の青春映画『青夏 きみに恋した30日』でメインロケ地となった場所。

    特にこちらのたちばな展望台は、主役の葵わかな・佐野勇斗が2人で訪れた場所なのです。


    「たちばな展望台」への道はこんな風。

    車では近くまで行けないため、最寄り駐車場からは森の中を5分ほど歩きます。 

    鳥の声を聞きながら木洩れ日の中を歩いていくのは、まさに森林浴気分ですよ。ただし天気の悪い日は無理をせずに!

    「南伊勢体験ワールド」で様々な体験が楽しめる!


    南伊勢町では、「南伊勢体験ワールド」として、様々な体験が楽しめるようになっています。

    “南伊勢町のありのままの暮らしが体験できる”というコンセプトがあり、作られた体験施設があるわけではありません。

    マリンスポーツや果物狩りなど自然のものがたくさんあり、体験ごとに海や山へ直接赴きます!

    体験コースは全部で20以上。ただし季節により体験できるものが異なりますよ。

     今回は秋冬におすすめの体験を2つチョイス。

    「翔鶴窯」で陶芸体験


    一回やってみたいけど日常の中ではなかなか機会がない、陶芸体験!

    こちらの体験は、子供でもOK、一人からでもOK

    私は「芸術の秋だしね~」な気分で参加しましたが、一年中いつでも体験できますよ。


    お伺いしたのは「翔鶴窯(しょうかくがま)」さん。山裾の明るくのどかな風景の中にある工房です。

    陶芸体験は、電動ろくろ・てびねりのどちらかを選べますよ。


    陶芸体験は一回1時間半~2時間程度。私はろくろ体験に挑戦しました。

    全くの初心者でしたが問題なし。陶芸家の荘司さんに、丁寧に教えてもらえましたよ。

    気軽な気持ちで参加しましたが、土いじりの癒し効果ってすごい!自分の手で何かが形になっていくのは、達成感ありますね。

    私はお茶碗に挑戦!なかなか思うようにいかず苦戦していると「大丈夫大丈夫、何とでもなるから~」と荘司さん。

    ばつぐんの安心感の中で楽しくお茶碗を作りました。


    てびねりなら、例えばこんな作品を作れるそう。

    翔鶴窯さんの体験コースは、「この形を作る」という決まった制約を設けていないのが魅力。自分の好きな形を自由に作ることができるのです。

    色ガラスの欠片を流し込んで作るガラス陶板も選べますよ。


    作ったものは窯焼きし、後日家まで郵送してもらえます。出来上がりに大満足です♪

    「友栄水産」で鯛の三枚おろし体験


    お次に体験してきたのは、海辺の町らしく「漁業の体験」から””鯛の3枚おろし”に挑戦!

    見てください、まな板からはみ出すほどのこの大きさ!重さにして1キロ以上もある立派な鯛の登場です。

    鯛って捕れる時期が決まってるんじゃないの?と思いがちですが、こちらの体験は一年中参加OK

    何故なら……


    実施しているのが、鯛の養殖を手掛けている「友栄水産」だからなのです!

    鯛の3枚おろし体験は少し離れた別の場所にて。広い場所でゆったり行いますよ。


    教えてくれるのは、友栄水産さん運営のお宿「漁師のいるゲストハウス まるきんまる」のおかみさん。

    聞けば、魚の中でも鯛は3枚におろすのがちょっと難しい部類だとか。

    「私、魚を3枚におろすの自体初めてです!」と最初に初心者アピールしたところ、「わかりました、大丈夫ですよ」との頼もしいお言葉でした。

    「ここをこう持って、こんな風に包丁を入れて…」

    優しいおかみさんに教えてもらいながら、ちゃんとできました3枚おろし!


    3枚おろし体験では、おろした鯛はすべて持ち帰りOK。切り身だけでなく、頭や背骨などのアラの部分もぜーんぶです。

    鯛は「捨てるところがない」と言われる魚。料理法に困ったらアドバイスもいただけますよ。

    3枚おろし体験に挑戦してみたい方はクーラーボックスの持参していきましょう!!

    出典:南伊勢町観光協会

    友栄水産ではこのほか、「漁師体験」として実際に海に出る「養殖鯛のえさやり体験」「つぼ網体験」や、魚を料理にまでしあげる「鯛の塩釜焼きつくり」「鯛めしつくり」もあり。

    「まるきんまる」のリピーターゲストは、漁師体験から料理つくり体験までを申し込んで、晩ごはんや朝ごはんにいただく方がほとんどだそうですよ!

    美味しいグルメが楽しめる町

    体験でたっぷり遊んだ後には、美味しいランチを食べに行かなくては!

    南伊勢町のご当地ものをはじめ、絶品グルメを楽しめるお店がたくさん集まっています!その中からいくつかをご案内!

    「ありすえ」でいただくご当地どんぶり・神前丼!


    まずお伺いしたのは「ありすえ」さん。ラーメンや丼もののお店です。

    こちらはTV番組でも紹介された人気店で、遠方から片道何時間もかけて来店する人も多いそうですよ!

    お目当ては南伊勢・神前浦の5店舗が考案した、南伊勢のご当地メニュー。


    こちらがご当地メニュー「神前丼(かみさきどん)」です!

    伊勢マグロ漬け・ネギトロ・ユッケの乗った豪華どんぶり!!

    伊勢マグロとは南伊勢で養殖されたクロマグロのこと、つまり水揚げされたばかりの本マグロなのです。

     付け合わせはなんと、まぐろの心臓の佃煮。しっかり歯ごたえがあり、こっくりして美味しいのです。漁師の町ならではですね♪


    ありすえさんにはもう一つ、地元の人々に「ありすえさんならアレだよね!」と人気のメニューあり。

    それがこちら、オリジナル名物メニューの鯛ラーメンです。

    南伊勢産のお茶葉鯛を使っているため、鯛特有の臭みがないのが大きな特徴。

    手間ひまかけて丁寧に出した鯛の出汁と鶏ガラと豚骨を合わせたオリジナルスープに太めの麺。南伊勢町名産の鯛・あおさ・あっぱ貝(ヒオウギ貝。あっぱっぱ貝とも)が乗っています。

    また、鯛茶漬け用の鯛そぼろご飯つきなのも嬉しいポイント。食べ終わった後にはスープで鯛茶漬けを楽しめる、一度で二度美味しいメニューなのです。


    海鮮自慢の町の特に人気店でいただく海の幸、まさしく幸せしかない感じです。

    しかもお値段がなんと、神前丼1,500円、鯛ラーメン900円。

    海辺の町のコスパすごい!

    お店の座席はほとんどカウンター、それにお座敷席が一卓です。来店の前には電話連絡を。

    ありすえ

    営業時間:11:30~14:00/16:30~20:00
    定休日 :月曜日、第2火曜日
    電話  :0596-76-1593
    席数  :13席
    駐車場 :8台
    住所  :南伊勢町村山973
    地図  :Googleマップ

    「珈琲塔FIVE」で人気のエビフライ


     和食より洋食やカフェの気分なら、おすすめは「珈琲塔 FIVE」

    こちらはおしゃれな外観ながら、なんと創業50年の老舗カフェ。

    FIVE」の由来は、五ケ所湾の五ケ所浦にあることと、ジャズ喫茶の「ファイブ・スポット」から。

    由来の通り、南伊勢町のフルーツを使った自家製メニューと、豊かな音楽が楽しめるお店です。


    ランチの一押しはエビフライ

    海辺の町なので、海にちなんだ料理を、と考案されたこちらのメニュー。登場して以来、45年間の人気を誇ります。

    頭としっぽのはみ出した、サクサクのころものエビフライ。食べ応えのある大きなエビは旨みがぎゅっとつまっていて、ほんのり甘いソースをたっぷり絡めていただくのがまた美味しいんです!

    金曜日は「フライデー」で、ちょっとお得にいただけますよ♪


    カフェメニューにはパンやケーキの軽食メニューもあり。

    特に自家製ジュースはおすすめ。南伊勢町は1年中柑橘類が豊かに手に入るため、みかんジュースなど様々な柑橘系の自家製ジュースが季節ごとに登場しますよ。

    また「珈琲塔」の名前の通り、珈琲もこだわりの美味しさです。

    伊勢志摩サミットで供された「伊勢志摩サミットブレンドコーヒー」や、世界最高級コーヒー「コピ・ルアック」も。


    店内はまるで上質なロッジのよう。ジャズやバンドのステージも開催されますよ。

    アルテックA7や真空管アンプが現役稼働中の、音の響きにこだわった空間です。

    珈琲塔 FIVE

    営業時間:11:00~16:00/(火:11:00~15:00)/(日:12:00~16:00)
    定休日 :木曜日
    電話  :0599-66-0068
    席数  :42席
    駐車場 :15台
    住所  :南伊勢町五ヶ所浦1035
    地図  :Googleマップ

    お宿では豪華夕食が待っている!


    たっぷり遊んだ後はお宿へ!

    「おいないさキャンペーン」で宿泊できるお宿は10施設。今回は「ニューはまぐち屋」さんへお伺いしました。

     入口前でお出迎えしてくれるのは「たいみー」ちゃん。

    鯛のパパと蜜柑のママから産まれた、南伊勢町のマスコットキャラクターです。

    お待ちかねの夕食!チョイスは伊勢エビ


    お夕食は海の幸尽くし!海辺の町の旅館ならではの豪華さです。

    何度も言いますが、この夕食だけでも実質9,000円はめちゃ安い!! 

    「おいないさキャンペーン」で選べる伊勢エビと貝のコース、私は「伊勢エビのお造り」をチョイス。

    伊勢エビが一人一尾の贅沢ディナーです♪


    伊勢エビのプリプリ感が、お箸で持っただけでわかる…!

    そしてもう、甘い…エビがほんのりじっくり甘い…!!


    選べる伊勢エビと貝のコースのお料理、あとの2品も特別に見せてもらいました!

    こちらのお料理は「伊勢エビの鬼瓦焼き」「アワビのお造り」。

    うっ、どれも美味しそう…!!

    これら二つに、「伊勢エビのお造り」を足して、3種類の中から好きなものを1つ選べるわけですね。

    写真のお料理は「ニューはまぐち屋」のメニュー。選べるお料理の種類はお宿によって異なります。

    お部屋では絶景を眺めてのんびり


    夕食の美味しさ&ボリュームもビックリですが、驚いたのがお部屋の広さとこの景色!

    海に面した高台にある「ニューはまぐち屋」は景色自慢のお宿。

    お部屋や庭からはうっとりするような海が見渡せます!(※景色の見え方は部屋によります)


    ニューはまぐち屋さん自慢の大浴場「海女の湯」がこちら!

    湯船が海に続いていくかのような、絶景のお風呂が楽しめます。

     こちら大浴場は、朝は6:009:30まで、その後はチェックイン~22:30まで。

    青々とした海がきれいに見える、陽のある時間帯がおすすめですよ。


    潮騒を聞きながらぐっすり眠ったら、美味しい朝ごはんをどうぞ。

    お鍋は自分で卵を溶いて流しいれるスタイル、出来たてアツアツをいただけます。 

    なおこちらの伊勢エビのお味噌汁は、実は前夜に「伊勢エビのお造り」をチョイスした人だけの特権。

    朝にも伊勢エビをしっかり楽しみたい人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

    ニューはまぐち屋

    住所  :南伊勢町礫浦184-5
    電話  :0599-64-2052
    宿泊料金:1泊2食8,800円~/素泊り4,200円(※税込み)
    チェックイン:15時/チェックアウト:10時
    地図  :Googleマップ
    公式HP ニューはまぐち屋

    お伊勢まいり前後の宿泊にも最適な南伊勢町


    南伊勢町の楽しみ方は、他にもまだまだたくさん。おすすめなのは、お伊勢まいり前後の立ち寄り宿泊。

    南伊勢町はお伊勢さまの南、お伊勢さまゆかりの場所や神社があるのです。

    そのひとつが写真の「倭姫命(やまとひめのみこと)腰かけ岩」(お伊勢さまの鎮座地を探し求めていた皇女倭姫命が休憩されたという岩)。史跡でもあり神聖な場所でもある、静かで清々しい空間ですよ。

     南伊勢町は伊勢市から車で約30分、朝イチのお詣りのための前泊にも最適です!

    南伊勢町へのアクセス・基本情報


    出典:伊勢志摩観光ナビ

     南伊勢町の地図・アクセスはこちら。

    ざっくり言うと、伊勢志摩のナナメ下の位置に当たります。


    出典:伊勢志摩観光ナビ

    車の場合、伊勢自動車道から「サニーロード」や「伊勢南志摩線」を利用。

    電車の場合、「伊勢市」駅や「志摩磯部」駅からバス利用となりますよ。

    まとめ

    南伊勢町はじっくり楽しみたい町、そして美味しいものの多い町。

    取材の最中にも、「ちょっ、都会でこのグレードのお料理食べようと思ったら、このお値段じゃとても無理ですよ…!」なんて嬉しい悲鳴を何度も上げました。

    お腹がいっぱいになったら、遊びに行く。
    ここだけの綺麗な景色を楽しみに行く。
    海も山もすぐ近く。空は広くて、空気は清々しい。
    そうしてまたお腹が空いたら、美味しいものを食べに行く。

    ゆったりした休暇時間を味わうことができる町、南伊勢町。どうぞ一度訪れてみてくださいね。

    陽月 よつか

  • osakalucci_PC_記事下
  • 記事修正リクエスト

    「記載内容が間違っている」「行ってみたが閉店していた」など間違いを見つけたら、『記事修正報告フォーム』よりご連絡ください。

  • Contents Search Windows
  • POPIN