かむくら (19)
大阪でラーメンといえばここ!「どうとんぼり神座(かむくら)」

道頓堀に1号店を開店した当初は、わずか4坪9席のお店だったそう。そんな小さなお店から始めたものの、神座のおいしいラーメンは口コミで広がり、今や大阪を代表するラーメン店となっています。

また神座(かむくら)の創業者はホテルシェフ出身で、経験を生かし試行錯誤のうえ作り出されたスープは「今までにない味」なんだとか。

そんなラーメンを食べに、今回は「どうとんぼり神座(かむくら)千日前店」にお邪魔してきました。

  • 緊急事態宣言

    ※大阪市内は「まん延防止等重点措置」のため、夜20時以降の営業自粛要請が出ています。
    営業時間の変更や休業している場合もありますので、来店の際は各店舗にご確認いただけると幸いです。

  • pagead2
  • AdSense目次下PC
  • メニュー

    かむくら (2)
    ラーメンは定番の「おいしいラーメン」をはじめ、10種類あります。うーん、どれもおいしそう!

    かむくら (5)
    価格は600円から900円ほど。お腹が空いている時には1.5人前か2人前まで頼めちゃいます。

    かむくら (6)
    サイドメニューやトッピングも豊富。セットメニューもあります。

    かむくら (1)
    お店は食券制なので先に食券を購入します。僕は一番人気の「小チャーシュー煮玉子ラーメン」を注文しました。

    清潔感のある店内

    かむくら (3)
    店内はとても長いカウンター席のみです。清潔感のある明るい店内はとってもおしゃれ。創業者がホテル出身のシェフだからか、調理スタッフの方はみなさん白いコック帽をかぶってます。

    かむくら (4)
    食券を渡して席についたらラーメンが来るのをしばし待ちます。

    かむくら (15)
    鏡張りの壁の上には有名人のサインがいっぱい。待つ間も飽きません。

    一番人気「小チャーシュー煮玉子ラーメン」

    かむくら (8)
    しばらくすると一番人気の「小チャーシュー煮玉子ラーメン」が到着。白菜がたっぷりと入っているためか、ラーメンなのにヘルシーなビジュアルです。

    透き通ったスープからはお出汁の上品な香りが。ちなみに、このスープの素は南京錠のかけられた場所で管理されているそう。材料やレシピは代表取締役や幹部社員など一部の人にしかわからないんだとか。

    そんな秘伝のスープを頂いてみると、白菜の甘さが印象的なあっさりとした味。それでもしっかりと深い味わいあって驚かされます。確かに今までにないスープの味。

    かむくら (9)
    麺は黄色いほぼストレートな中細の玉子麺。

    かむくら (11)
    麺のツルツルとした感じがスープに馴染んでラーメンのおいしさを余すことなくいただけます。

    また具の白菜はくたくたになるまで煮込まれていて、なんだかラーメンというよりはお鍋を食べているような不思議な感じです。チャーシューは柔らかく、口に入れるとホロホロとほどけてしまいます。

    かむくら (14)
    煮玉子は半分に切るととろっとした黄身が流れ落ちてきます。濃すぎない味付けは、あっさりとしたスープの味を邪魔しません。少し控えめな感じはありますが、満足感は十分にあります。

    かむくら (7)
    テーブルの上にはトッピング用の辛味噌やラー油、ニラがあります。一度スタンダードを味わってから、自分好みの味を見つけるのも楽しいかもしれないですね。

    夏季限定「冷たいおいしいラーメン」

    かむくら (10)
    こちらは神座(かむくら)の看板メニュー「おいしいラーメン」の夏バージョン。その名も「冷たいおいしいラーメン」

    アレンジされた秘伝のスープは、冷たくても香りや美味しさが損なわれていません。具は白菜ナムルやキムチ、豚肉、煮卵など。

    かむくら (12)
    麺もコシがあって食べごたえがあります。具の白菜ナムルはゴマ油の香りと、温かいラーメンとは違ったシャキシャキとした食感。暑くて食欲が湧かない日でもお腹いっぱい食べられます。野菜もたくさんいただけるので嬉しい一杯ですね。

    かむくら (16)
    実はこの「冷たいおいしいラーメン」はカメラさんが頼んだもの。おいしさのあまり、味見と称して完食してしまいました。

    かむくら (17)
    悪びれた様子のない無垢な笑顔の僕。でもこんな笑顔だったら、ついつい許しちゃいますよね!ごちそうさまでした!

    かむくら (18)
    どうとんぼり神座(かむくら)千日前店では通路が一方通行となっています。出口はカウンターをぐるっと回った調理スペースの後ろ側にあります。

    どうとんぼり神座(かむくら)千日前店・道頓堀店の行き方

    どうとんぼり神座(かむくら)千日前店

    かむくら 地図
    どうとんぼり神座千日前店へは戎橋を難波駅方面へ渡り、渡ったら左へ進みます。右側にある2本目の通りへ入ったらすぐ。

    かむくら (23)
    赤いのぼりと派手な立看板が目印です。

    どうとんぼり神座(かむくら)道頓堀店

    かむくら (20)
    神座発祥のお店「道頓堀店」は千日前店のすぐそばにあります。千日前店の派手な立看板を右に進みます。

    かむくら (21)
    突き当りには千日前店の出口が。そこを右へ。

    かむくら (22)
    曲がるとすぐに「どうとんぼり神座(かむくら)道頓堀店」です。

    まとめ

    大阪を代表するラーメン店の「どうとんぼり神座(かむくら)」。甘くてあっさりとしたスープは今までにいただいたことのない味です。そんな甘いスープは不思議な感じがしますが、食べ進めていくうちにいつの間にか「おいしい!」に変わっています。

    今回お邪魔した千日前店は観光スポットである道頓堀からほど近いのも嬉しいところ。観光で歩き疲れた体と空っぽの胃を、神座の甘くて優しい味のラーメンで満たしてから大阪めぐりを楽しんでみてはいかがでしょうか。

    かむくら (13) 

    店舗名 どうとんぼり神座 千日前店
    定休日 年中無休
    営業時間 11:00~7:00
    アクセス 日本橋駅から319m
    住所 大阪府大阪市中央区道頓堀1-6-32

    《関連記事》

    難波の本当に美味しいラーメン10選実食レポ【道頓堀・千日前】

    徹子くん

  • 記事修正リクエスト

    記事に間違い等ありましたら『記事修正リクエスト』よりご連絡ください。

  • 内部リンク(ラーメン)

    <<大阪のおすすめラーメン情報はこちらもチェック!>>

  • Contents Search Windows
  • torimochi
  • POPIN