P1280563
sandwich大好き女子mizukiが今回訪れたのは、ニューヨークNO.1のロブスターロール専門店。

大阪では心斎橋にのみお店を構える-LUKE’S LOBSTER-(ルークスロブスター)です。

P1280581
クリスタ長堀南10番出口から心斎橋筋を南に直進。

バターのいい香りにつられて歩けば、海外の港をイメージさせる風貌のお店がそこにあり!

こちらが今回のお目当てLUKE’S心斎橋(ルークス心斎橋)です。

※こちらのお店は、現在移転しています。

波止場感が男前!LUKE’S LOBSTARの仕組み

IMG_1274
店内は海、海、海、な雑貨でいっぱい!

あちらこちらに置かれたマリングッズとアメリカンなボトルやスナックのパッケジがVERY MATCH!

IMG_1287
やっぱりロブスター専門店。見るとこ見るとこロブスターのモチーフでいっぱいです。

さすがニューヨーク出身のお店。エプロンにキャップ姿で働くスタッフさんがなんともカジュアル。

このオシャレさに訪れるお客さんも働く店員さんもみーんなトランス状態。

IMG_1275
店内はお客さんが入れ替わり立ち代わりで終始混雑する大人気ぶり!

外国人観光客の方もたくさん利用されており、あらゆる外国語で対応するスタッフさんの語学力がちょークール。

P1280569
主にTAKE OUTメインな感じですが、入り口左手にちょっとしたスタンドのイートインコーナーもあるので、できたてのロブスターロールをその場でいただくこともできます。

海色濃いLUKE’S LOBSTER。なにわの女から港の女へ、肩肘かけて女前にロブスターロールをいただきます。

AMERICAからNIPPONへ、なじみ少ないロブスターの実態

P1280571
LUKE’S LOBSTERではロブスターの名産地アメリカ・メイン州の香り、旨味たっぷりの素材を使用して作ったロブスターロールを堪能することができます。

P1280564
皆さんはロブスターを食べたことはありますか?

日本でなじみの少ないイメージのロブスター、その実態は…『アカザエビ科の大型食用エビ』別名オマール海老とも呼ばれています。

フレンチでよく見かけるオマール海老の方が親近感が湧くと思うのですが、この子達同じ生き物で地域によって呼び名が違うだけなんだそうです。

*アメリカではロブスター

*ヨーロッパではオマール

いかついロブスターからの品を感じるオマール。。。

言葉の響きからなんとなくその国らしさを感じますね!

ロブスターロールにたどり着くまでに

P1280570
LUKE’Sのロールメニューはサンドされる具材が、ロブスター/クラブ/シュリンプの3種類で、”具材単体”から2種の具材の”ハーフ&ハーフ”、さらに欲張り”トリプル”なんかが選べる全8種類!

(他にも丸ままロブスター料理もありますよ。)

IMG_1277
入り口正面の注文カウンターでオーダーしたら、ガラス張りのオープンキッチンで調理を見ることができます。

IMG_1273
出来上がったロブスターロールはこちらの窓口からお受け取りください。

C0808A85-97B5-429A-A324-6D523D3D4F22
ではでは、海老界でも最大級クラスのロブスターを目一杯使用したサンドイッチがこちら。

LUKE’S ロブスターロールでございます。

P1280567
ロブスターを溢れんばかりにはさむ、はさむ! さらにオリーブオイル効果でツヤッツヤな見た目に!

一口食べると身が隙間なくギュギュっと詰まった感じで食感はぷりんぷりん〜*

カニとか海老みたいに旨味は少なく以外にあっさりサバサバ系なロブスター。

IMG_1278
味付けはというと、パンにぬられたバジルソースとバターの個性が暴れたら、仕上げにまぶされたきめ細かい胡椒がオーガナイズしてくれて、あらゆる調味料に魅了されることでしょう。

まとめ

IMG_1281
お持ち帰りしたいなら、ロブスターのロゴがキュートな専用ボックスに入れてもらえるので持ち運びも楽チン〜♪

心斎橋に遊びにきたら一度はロブスターをお試しあれ!

P1280563
Have a nice sandwich day…*

LUKE’S LOBSTER 心斎橋店  詳細
定休日 :不定休
営業時間:11:00~22:00
電話  :06-6121-8177
アクセス:地下鉄「心斎橋」駅より徒歩3分
リンク :公式HP食べログ
住所  :大阪市中央区心斎橋筋1-5-20
地図  :Google Mapで地図を確認する