サンドイッチ大好き女子mizukiが、素敵サンドを求めて今回お邪魔したのは…
オフィス街の一角に突如あらわれる煉瓦造りの英国風建物。その名も「北浜レトロ」

歴史を感じる建物、British-styleな店内の様子に毎日ファンが多数訪れるお店です。

北浜レトロと言えばアフターヌーンティーが有名ですが、どんなサンドイッチと出会えるのでしょうか?

それでは美味しいサンドイッチと幸せな時間に…cheers!

※この記事は、2017年に撮影したものを再編集しております。

英国式のティーサロンの素敵な店内


※2017年時の様子

店内に一歩踏み入れるとそこはまさに小さなイギリス。まずは店内からご紹介します。

北浜レトロ (10)

足元まで見逃せない!入り口に丁寧に敷き詰められた、イメージカラーの爽やかなミントグリーンのタイル。

北浜レトロ (13)

北浜レトロでは2階で食事を取ることができます。入り口入って直進すると2階への階段が見えてきます。

光のよく差し込む大きな窓。その場にいるだけで幸せな気分に。

北浜レトロ (30)

階段を登り切ると出迎えてくれるのはno wallなゆったりした2階の広間。イギリスの大きなお屋敷に招かれたような気持ちに。
相席でも気にならず、むしろ大家族の食事会のような気分にさせてくれる空間になっています。

1度はこんなお部屋で生活してみたい!
女の子の憧れがたくさん詰まっていて、本当に惚れ惚れしてしまいます。どこを見ても素敵~~!

優雅にいただくサンドイッチランチ

北浜レトロ (16)

こだわりがたくさん詰まったボリュームたっぷりのメニュー表。

北浜レトロの歴史から種類豊富な本格的英国紅茶やスウィーツまで盛りだくさんで記載されていますが、今回は迷わずサンドイッチメニューをオーダー!

北浜レトロ (23)

本日オーダーしたのは「ハム&カマンベールチーズ・サンドウィッチ(単品税込1300円)」

甘みたっぷりのポテサラと粗挽きブラックペッパーがピリリと香る、リッチな1品です。

北浜レトロ (22)

今回一緒におともしてくれた撮影スタッフさんは「ツナ&野菜・サンドイッチ(単品税込1,300円)」

見るからに新鮮なトマトにきゅうり、レタスの歯ごたえも抜群!とっても健康的なサンドウィッチ。

北浜レトロ (19)

ドリンクとプチデザートの焼き菓子までついてセットで税込1,550円。お腹いっぱい贅沢ワンプレートでした♩

※今回いただいたのは平日限定で頂けるデザート付きのお得なサンドイッチランチ(1,550円)です。

イギリス人も唸るほどの北浜レトロのおもてなし

北浜レトロ (18)

北浜レトロでは日本紅茶協会認定ティーインストラクター資格を有するスタッフが厳選した、茶葉の銘柄ごとにベストな紅茶を提供されています

英国の高級ホテルでのサービス専用に作られた銀仕上げのティーポットと英国王室御用達のウエッジウッドのティーカップは繊細な柄。シンプルだけどかわいい…!

北浜レトロ (24)

ちんまりキュートなイギリス伝統の焼き菓子。

北浜レトロ (8)

今回紹介したお菓子はサンドイッチセットに付いているもので、日によって違うものが提供されてるようです。


出典:NAKANOSHIMAーSTYLE.COM

他にも人気のアフタヌーンティーセットや魅力的なメニューがたくさんあるので、ぜひ注文してみてください!

まるで絵本の世界!北浜レトロのギフト事情

北浜レトロ (3)

食事が終わり、お店の出る前に1階にあるかわいいお土産をチェック。
お菓子、胸キュン雑貨、そしてお洒落なインテリアなど盛りだくさんです!

北浜レトロ (33)

こちらはショーケースに並ぶホールケーキ。種類が豊富でどれにしようか迷ってしまいます。
どれも本当に美味しそう‥‥。

北浜レトロ (34)

スコーン、フロランタン、メレンゲ、ショートブレットにビスケット。
イギリスの伝統菓子もたくさん並んでおり、お土産の詰め合わせを考えるのが楽しくなりそうですね。

北浜レトロ (26)

北浜レトロオリジナルブレンドティーも販売されています。特別な1杯をおうちでも楽しめるなんて嬉しいギフトですね!

北浜レトロ (4)

こちらにはエッジーなロンドンらしいイラストのポストカードが。

北浜レトロ (27)

美しく品のあるティーグッズ。センスは間違いなし、初めてのティーセット選びは北浜レトロに委ねてみるのもありですね♡

北浜レトロ (35)

こちらにはアンティークゴールドのストレーナー。
ひとつ持っているだけでおうちでのティータイムが華やかになりそう!

北浜レトロ (5)

アンテークなインテリアたちもあちこちに配置されいます。

北浜レトロ (25)

個人的に気になったポイントがテディベアの雑貨がたくさん並べられていること!

テディベアと言えば小さな女の子をイメージしますが、イギリスでは男女問わず大人も子どもも持ってる方が多いそうです。

北浜レトロ (32)

ベットで一緒に眠ることによって癒し効果もあるんだとか。

あなたもおひとついかがですか?♡

文化財「北浜ビルヂング」の歴史

北浜レトロ (2)

美しく優雅な空間から想像もつかないくらい古い歴史を持つ北浜レトロ

1912年(明治45年)建築され、国登録有形文化財にも指定されており、かつて証券会社や専門商社の社屋として使用されていました。

北浜レトロ (9)

中層ビルの間に埋もれ、1994年を最後に廃ビルと化していたところ現オーナーの小山さんの目に止まり、北浜ビルヂングと名付けられたこのビルは、建築当時の姿のままにリノベーションされ、1997年に「北浜レトロ」がオープン。

P1130126

100年越しの数々のドラマを経て、近代建築の歴史を実感できるお店として今もなお人々を魅了し続けているのです。

優雅なひと時を過ごしたい方はぜひ北浜レトロへ

北浜レトロ (20)

異国情緒溢れ、それでいて歴史も感じれる北浜レトロいかがでしたか?

女の子が嬉しい要素がたっぷりなので、大切な方と優雅なひとときを過ごすのにオススメなおしゃれカフェです。

英国の伝統ある食事と風習をぜひ体感しに来てください。

Have a nice sandwich day…*

北浜レトロ
営業時間 【月~金】11:00~19:00 
【土日祝】10:30~19:00
定休日 お盆・年末年始
電話番号 06-6223-5858
席数

40席

個室 なし
住所 大阪市中央区北浜1-1-26 北浜レトロビルヂング
地図 Googleマップ
アクセス 地下鉄堺筋線・京阪電鉄「北浜駅」 26番出口 徒歩1分
公式サイト 北浜レトロ
▼▼予約&クーポン確認▼▼
ぐるなび予約 食べログ予約

モデル:mizuki/文章・編集:ぐみ

mizuki-wich

  • お問い合わせ
  • 記事修正リクエスト

    「記載内容が間違っている」「行ってみたが閉店していた」など間違いを見つけたら、『記事修正報告フォーム』よりご連絡ください。