いよいよカジノが日本解禁!
2018年にIR整備法が成立し、ついに日本にもカジノができるという事が決定しました。カジノオープンに向けて着々と作業が進んでいる中で今、カジノディーラーという仕事を目指す方が増えているそうです!

でも、カジノディーラーになるにはどうしたらいいの?という方も多いのではないでしょうか?

カジノのある海外へ行って勉強や修業が必要?いやいやいや、すでにカジノディーラーを養成するスクールが日本に出来ているんです!


そのスクールとは『日本カジノスクール』
2004年に開校した同校は東京・大阪に計3か所の教室を持ち、2019年までに900名近い卒業生を送り出して来ました。カジノ合法化のために必要な法案が成立する遥か前から開校していたなんて!

まさに、日本のカジノディーラー養成のパイオニアとも言え、カジノディーラーを目指す方にはうってつけのスクールなのですが、どんなことを学ぶのかも気になるところ。そんな中、日本カジノスクールでは授業の雰囲気やカジノディーラーの体験が出来る「1日無料体験入学」も定期的に開催され人気なんだそう!

これは気になるっ!と、カジノオープンが待ちきれない大阪ルッチ編集長”ぐみ”と、加野文華さんが体験入学に参加してきました!

  • pagead2
  • wework Osaka
  • 解禁目前!カジノの基本情報!

    カジノはいつ、どこにできる?


    体験入学に行く前に少しカジノのお話し。

    特定複合観光施設区域整備法案(IR整備法案)が成立したのは2018年7月のこと。通称「カジノ法案」と呼ばれるこの法律はカジノをはじめとして、ホテル・レストラン・ショッピングモール・アミューズメント施設・MICE施設(国際展示場・会議場)などを一か所に盛り込んだ統合型リゾート”IR”を作るのに、諸々整備していきましょう!という法律の事です。

    日本では今後、最大3か所にカジノがオープンする事となり、2022年ころに候補地が決定する予定だそうです。貴重な観光資源となるカジノは魅力的で複数の自治体が誘致を開始していますが、中でも有力候補と言われているのが大阪(夢洲)、神奈川(横浜)、長崎(ハウステンボス)の3か所となっています。

    加野
    2025年までのオープンを目指しているそうですが、いったいどこにカジノができるのかも楽しみですね♪

    カジノディーラーのお仕事とは?


    海外の大きなカジノでは数千人規模でカジノディーラーが働いており、今後は日本でもかなりのカジノディーラー需要が見込まれています。

    カジノディーラ―のお仕事とは、ゲームを滞りなく正確に進める進行役であり、華やかなカジノにおいて、ゲームを盛り上げるエンターテイナーでもあります。また、カジノ初心者から、真剣勝負という様々なゲストにカジノを楽しんでもらえるように心配りをするのもディーラーの大きな役割です。

    スマートな立ち振る舞いと最高のおもてなし、ゲームの進行とまさにカジノの中心的な役割ともいえるのがカジノディーラーなんです!

    カジノディーラーの給料、待遇は?


    アメリカなどチップのある国では、チップ収入が大きいために固定賃金は低く設定されています。しかし、日本ではチップの習慣がないために固定収入のみになる可能性が高いんだそうです。

    日本と同じく、チップのないオーストラリアのメルボルンのカジノでは、ディーラーのランクにもよりますが、通常のホテルマンの1.2倍~1.5倍の給与が支給されているとの事です。

    また、ディーラーとしての勤務形態は週5日8時間勤務で、40分~1時間働いて20分休むというのが一般的になっています。

    加野
    気を張って頭を使う仕事でもあるので、しっかりと休憩を取ることが決められているそうですよ!

    日本カジノスクール大阪校 体験入学スタート!


    今回参加したのは、日本カジノスクール大阪校(なんばマルイ教室)で開催された1日無料体験入学です。講師やスタッフさんは全てスクールの卒業生や在校生の皆さん。

    体験入学は11時半からスタートし、途中でランチタイムを挟んで17時過ぎまで。
    この間に、カジノゲームのルールを学びながらディーラー体験が出来たり、座学の講座を一部受講したりすることができます。


    こちらは、日本カジノスクールの校長である大岩根 成悦(おおいわね まさよし)さん。

    大学生のころ、外航客船のカジノディーラーのアルバイトをしていたことをきっかけに、カジノ業界に入られたそう。その後、日本でのカジノ解禁に尽力され、カジノにかける熱い想いと先見の明から、日本初の本格的カジノディーラー専門養成機関である「日本カジノスクール」を開校されました。

    体験入学ではカジノのことを全く知らなくても問題ありません!大岩根さんや講師の皆さんから、カジノやカジノディーラーについて、また日本カジノスクールについての詳しいお話を聞かせてもらえますよ!

    『日本カジノスクール』とは?


    日本カジノスクールでは、海外カジノでの勤務歴のある講師から実践に基づいた講義が受けられ、カードやチップを扱う”手さばき”は勿論、監視カメラ対策として様々なセキュリティ動作の習得にも定評があるそう。

    「高度なディーリング技能」はもちろん、日本ならではの「ホスピタリティ」、世界中からのゲストに対応する「外国語の語学力強化」、「インストラクター教育」など、長年の教育経験を活かした独自のカリキュラムが組まれ、カジノでの仕事において必要なスキルを学ぶことができるようになっています。

    カジノ開業前にスクールに通うメリットは?


    「テクニックの上達」「素早く正確に配当計算を行う」という、一人前のカジノディーラーに必要なスキルが身に付くには数年がかかります。

    なので、日本でのカジノ開業前のこのタイミングに、さらにライバルの少ないこの時期に勉強をはじめ技術を磨いていくと、日本でのカジノオープン時に上のポジションからキャリアをスタートさせるのに有利なんですって!

    スクールにはどんな方が通っている?


    日本カジノスクールは18歳から入学可能。入学者は20代が一番多いそうですが、カジノディーラーには定年制度がない為、40~50代の方も多く、70代の方も学んでいるそうです!また男女比は6対4との事で女性の方も意外に多い!!

    今回の1日体験入学でも10名以上の参加者のうち、女性が半数以上。学生さんや主婦の方、お仕事をされている方など年齢もバラバラでした。

    加野
    カジノディーラーは年齢も男女も関係ない仕事で、海外勤務希望の方や転職希望の方を含めて人気の職種になりつつあるんですね!

    スクール卒業後のお仕事は?


    スクールの隣にあるカジノカフェ

    日本カジノスクールは、海外のカジノに最も多くの日本人ディーラーを輩出している学校であり、卒業生の約20%が海外のカジノで活躍をしています。

    卒業生限定のワーキングホリデーを利用し、カナダのカジノで働きながら暮らすという事も可能。また、豪華客船内のカジノや、国内のアミューズメントカジノでディーラーとしてお仕事をされる方もいます。卒業後、さらなる修行のため提携先のラスベガスのスクールや、語学留学をされる方も多数いらっしゃるとの事です。

    加野
    卒業生のそれぞれが、日本でのカジノ開業を目前に控えた今、世界各地で腕を磨いているんですね!

    日本カジノスクール体験入学「技能講座」の様子


    日本カジノスクールでは、ルーレット、ミニバカラ、ブラックジャック、ポーカー(テキサスホールデム)の4種類のゲームについて学ぶことができます。

    1日体験入学では、この4つのゲームを実際にプレーしながらルールを学び、カジノディーラーの動きを体験していきます!

    ルーレット


    「カジノの女王」とも言われるルーレットは、カジノでの代表的なゲームです。

    まずはテーブルの上に描かれたレイアウトの意味、チップの賭け方、配当などについての説明を受けます。

    加野
    インサイドベッド、アウトサイドベッドにたくさんの賭け方があるとは知りませんでした!ルールもわかって楽しい♪


    続いて実際にルーレットを楽しみながら、ディーラー体験です!

    数字が出ると、外れているチップから回収していくのが鉄則!間違っても当たっている部分を回収してしまわないように細心の注意が必要です!

    特にアウトサイドベットのカラー(赤・黒賭け)やオッドイーブン(奇数・偶数賭け)、ハイロー(1~18・19~36)などなど、いろんなところにチップが散らばっているのを瞬時に判断し、正確に外れを回収していく能力が求められます。

    加野
    当たり方によってそれぞれ配当も違うので、計算もできないとっ!


    回転するホイールの中に、ボールを弾いて転がし入れるのも意外に難しい!

    こうした所作のひとつひとつが決まると、かっこいいカジノディーラーという雰囲気がでますね!

    ミニバカラ


    「カジノの王様」と称されるバカラは、ミニマムベッドが高いうえに伝統的な儀式や演出が多く、気軽に楽しむには少し敷居の高いゲームだったそう。

    そこで、バカラとルールは同じですが、レートを下げ、スピーディーにゲームが進行するように改良されたのがミニバカラ。誰にでも楽しみやすいゲームとなり、現在のカジノで定番の人気ゲームとなっています!まずはミニバカラのゲーム内容、そして賭け方を学びます。


    バカラは計算も駆け引きも全く必要のない、単純に運だけのゲームと言われています。

    プレイヤーとバンカーと名付けられた左右の枠にそれぞれ2枚ずつカードが配られ、そのどちらの合計が「9」に近くなるかを当てるゲームです。2枚のカードの合計が2桁になった場合、10の位は切り捨てとなります。また、10・J・Q・Kのカードはすべて「0」扱いとなります。


    ディーラーにとって、バカラを進行するうえで難しいのが3枚目のカードを引く条件を理解すること。

    プレイヤー、バンカーそれぞれのカードの合計がいくつの時は、どちらにカードを追加するという条件があるんです!この条件にそってスムーズにゲーム進行していくことがディーラーには求められます。

    加野
    当たった場合の配当は単純に掛け金の倍なのでわかりやすいですが、3枚目を引く・引かないの条件が複雑っ!!

    ブラックジャック


    プレイヤーとディーラーが直接対決をするという、緊張感ただようゲームがブラックジャックです!

    カードの合計が21に近い方が勝ちとなりますが、21を超えるとその時点で負けとなります。初めに配られた2枚のカードから、さらにカードを追加していくかどうかは自分で決めることができるのもドキドキです!

    ゲームのルールと共に、カードを追加する、ストップするといったプレイヤーのアクションも教えてもらえます!


    ここでもディーラー役にチャレンジ!

    トランプがセットされたカードシューからカードを取り出し、所定の位置に配っていきます。カードの重ね方といった所作も教えてもらいます。


    ディーラーとして、ブラックジャックはお客さんとの対戦になるのでとっても緊張!

    驚いたのは、ゲーム終了ごとにカードを回収する手順が決まっていること。何かあった場合、直前のゲームを正確に再現する必要があるからなんです。

    加野
    ディーラーさんのひとつひとつの動きには、意味がしっかりと込められているんですね!!

    ポーカー(テキサスホールデム)


    ポーカーにはいくつかの種類があるのですが、日本カジノスクールでは世界的にプレイヤー人口が最も多いと言われている「テキサスホールデム」を学びます。

    自分の手元にカードが5枚配られる「クローズド・ポーカー」に対し、配られるのは2枚のカード(ホールカード)のみ。その2枚のカードと、プレイヤー全員が共通して使用する5枚のコミュニティカードの計7枚を使ってハンド(役)を作っていくというものです。


    ポーカーフェイスという語源の通り、どんな手が来ても表情を崩さず、駆け引きが物を言うゲームです。

    実際にテキサスホールデムをプレイしながら”ブラインド”などのルールも教えてもらいます!

    加野
    役を覚えるのも大変ですが、細かなルールもたくさん!ブラインドについて詳しくはググってください(笑)


    こうした様々なゲームを体験していく中で、監視カメラを意識し、不正を行えるような可能性のある動きをしない「セキュリティ動作」についても教えてもらえます。

    例えば、”テーブルの上で手を交差させない”や、”両替時やプレイヤーへの配当など、チップは天井のカメラに一度写す”といった動きだそう。こうした実践的な技術がしっかりと学べるのは、実際に海外のカジノでディーラー経験のある講師の方が揃っているからなんです!

    加野
    ディーラー体験だけでなく、それぞれのカジノゲームも体験できるのが楽しかったです♪

    日本カジノスクール体験入学「座学」の様子


    日本カジノスクールでは、カジノディーラーに必要な知識を得るための座学も充実していて、ギャンブル依存症対策講座というのもあるそうです。

    体験入学では、通常のカリキュラムで学ぶことのできるカジノホスピタリティ、カジノ文化、カジノ英会話などの授業の概要について話を聞くことができます。

    この他、スーパーバイザーコースやトレーナーコースなど、ディーラーとしてより高いポジションで求められる知識なども学べるようになっているそうです。

    カジノホスピタリティ


    正確なゲーム進行とスピーディーさが求められるカジノディーラーですが、最も大切にしなければいけないのはゲストをもてなす心、ホスピタリティです。

    この授業では、お客さんにカジノを楽しんでもらうために心がける事や、各ゲームのルール説明など、カジノでの接客について学びます。

    1日体験入学では、お客さんの立場としてのカジノでのマナーを教えてもらいます。

    加野
    ドレスコードやチップについてなど、カジノへ遊びに行くときに知っておきたい事をたくさん教えてもらいました♪

    カジノ文化


    カジノの歴史やゲームの種類、またカジノについての様々な知識を学ぶのが「カジノ文化」の授業です。

    今回はカジノ組織の役職や、最近のカジノ事情、カジノディーラーの年収という気になる話まで聞くことができました!!

    加野
    日本にカジノがオープンする前から実務経験を積んでおいたほうがいいメリットなど、納得のお話ばかりでした!

    カジノ英会話


    世界中のほとんどのカジノの公用語は英語です。日本のカジノでも、もちろん英語力は必須となります。

    「カジノ英会話」の授業ではカジノディーラーに必要な英語について重点的に学ぶことができます。


    カジノディーラーにとって必要な英語といえば、例えばゲームのルールを説明したりといった部分。実はディーラーにとって、それほと高度な英会話力は必要ないんだそう。

    ただ、ディーラーとして上のポジションを目指すなら更なる英語力も求められます。そのために「ESL講座」というカリキュラムも用意されていますよ!

    加野
    英語に関しては海外語学研修なども斡旋してくれるそうです!英語に自信のない方でも、やる気次第で勉強する機会はたくさん用意されているとの事ですよ!

    ランチタイム


    日本カジノスクールの1日体験入学は長丁場!受講生の皆さんとのランチタイムも用意されていますよ!

    加野
    参加者さんの中には愛知県や四国からお越しの方も!本当に今、カジノディーラーという仕事が注目されているんだなと実感しました!

    カリキュラム案内・質疑応答


    1日体験入学の締めくくりは、スクール入学後のカリキュラム案内や質疑応答の時間となっています。


    日本カジノスクールでは受講期間が3ヵ月・6ヵ月・1年に分かれ、お仕事と並行しながらでも入学しやすいようコースが組まれているそう。またスクール独自のプログラムなどについても詳しく説明をしてもらえます。

    日本カジノスクールには国内外に様々な提携先があるそうです。卒業後に語学留学や海外研修などのサポートが受けられるといった部分もディーラーを目指す方には魅力的ですね!


    最後は質疑応答の時間。参加者の皆さんそれぞれが真剣に質問をされていました!

    加野
    参加者の皆さんから、カジノディーラーを目指すという本気度がたくさん伝わり、講師の皆さんも真剣に応えているのが印象的でした!

    各種割引制度の案内もあり

    大学生や専門学生さんなど、ダブルスクールになる方には入学金の免除などの手厚い特典もたくさん用意されているんです!

    その他にもお得なキャンペーンの紹介があります。

    1日体験入学詳細を含め、日本カジノスクールについて詳しくは「日本カジノスクール公式サイト」をご覧ください。

    スクール卒業生 浅岡さんにインタビュー


    最後に、日本カジノスクールの卒業生で今回の1日体験入学でも講師の一人を務められていた浅岡さんにお話しを伺いました!

    -浅岡さんがカジノディーラーを目指したきっかけは?
    単純にカジノやディーラーというのが面白そうだと思っていたのと、転職を考えていたのがありました。

    -転職先としてカジノディーラーを選ばれるという方が増えているそうですが、浅岡さんはいつ頃スクールに通っていたのですか?
    スクールに通っていたのは2014年の頃です。仕事をしながらだったので、週2回の授業がある1年コースで通っていました。

    -スクール卒業後はどうされたんでしょか?
    アミューズメントカジノでのアルバイトを経て、クルーズ客船「飛鳥Ⅱ」に乗り込みカジノディーラーとして働くようになりました。そこでお金を貯めて語学留学をし、その後、ワーキングホリデーを利用し、カナダのカジノで1年間働いて来ました!


    -海外のカジノ!!カジノってどんなところなんですか?
    ちょっと怖いというイメージがあるかもしれませんが、もともと貴族の遊びからスタートしているのもあって実際のカジノはとても華やかなところです。そんな場所で働いていると楽しいし、ドラマの世界にいるかのような気分にもなれます。

    -カジノで怖い目にあったことは??
    お酒を飲まれている方もいるので絡まれたこともあります(苦笑)。ただ、カジノディーラーの立場はしっかりと守られているので、すぐにセキュリティがやってきて、絡んできた方をどこかへ連れて行ってくれました(笑)

    -カジノでディーラーが負けて、怒られるなんてことは…?
    そんなことはないですよ!あくまでもディーラーは進行役です。いかにゲームをスムーズに、数多く回していくかが求められます。ゲストからお金を巻き上げるといったイメージは映画やドラマの中だけで、実際はそんなことはありませんよ(笑)


    -カジノディーラーのやりがいは?
    とても忙しい時でも、間違いなくスピーディーにゲームを進行出来ているときは「やった!」となります。ゲストが負けても楽しんで帰られる様子を見ると、しっかりおもてなしが出来たと嬉しくなりますね。

    -カジノディーラーにはどんな人が向いていますか?
    まずは不正をしない人。あとは真面目で正確さを持っている方。カードやチップを扱う手先の器用さについては、仕事を重ねていくうちに嫌でも出来るようになってきますよ!

    -最後に、カジノディーラーという仕事に興味のある方へ一言お願いします!
    カジノディーラーには年齢・性別は関係ありません!実際、スクールにも様々な方が通われています。仕事のやりがい、待遇・給与の面などでも恵まれているので、今後ますます魅力的な仕事として日本でも広まると思います!ぜひおすすめですよ!

    加野
    私も俄然、カジノディーラーに興味出てきました♪浅岡さんありがとうございます!

    まとめ


    今後、必ず需要が出てくるカジノディーラーというお仕事はとっても魅力的だと感じました。そして今がカジノディーラーを目指すのに良いタイミングであることも納得です。

    日本国内で、カジノディーラー養成の実績において並ぶところがない日本カジノスクール。カジノに興味のある方はまず無料で受けられる1日体験入学に参加されてみてはいかがでしょうか?カジノの事、スクールのことがよくわかりますよ!

    日本カジノスクールの体験入学のスケジュール、詳細については「日本カジノスクール 体験入学」をご覧ください。

    加野
    本気でカジノディーラーを目指す方はもちろん、カジノの雰囲気を味わってみたい方にも楽しめる事間違いなしの1日体験でしたよ!

    日本カジノスクール詳細
    リンク:日本カジノスクール公式サイト

    【日本カジノスクール 東京校】
    住所  :東京都新宿区舟町6-5 四谷3丁目ビル2階
    電話  :03-5363-0777
    アクセス:東京メトロ丸の内線「四谷三丁目駅」④出口より徒歩2分
         都営地下鉄新宿線「曙橋駅」A①・A④出口より徒歩5分
         JR四谷駅、信濃町駅より徒歩12分
    地図  :Googleマップで確認する

    【日本カジノスクール 大阪校】
    住所  :大阪府大阪市中央区難波3丁目8-9 なんばマルイ7階
    電話  :06-6648-5500
    アクセス:地下鉄御堂筋線「なんば駅」①出口より徒歩1分
         地下鉄千日前線「なんば駅」⑳出口より徒歩3分
         近鉄難波線「大阪難波駅」⑫出口より徒歩3分
         南海高野線「なんば駅」2階中央出口より徒歩4分
    地図  :Googleマップで確認する

    【日本カジノスクール 大阪・心斎橋教室】
    住所  :大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-2-22 小大丸ビル4階
    電話  :06-6648-5500
    アクセス:地下鉄御堂筋線「なんば駅」⑭出口より徒歩5分
         地下鉄御堂筋線「心斎橋駅」⑥出口より徒歩5分
    地図  :Googleマップで確認する

  • 記事修正リクエスト

    記事に間違い等ありましたら『記事修正リクエスト』よりご連絡ください。

  • Contents Search Windows
  • POPIN